熱交換器を解説
2020年8月24日 熱交換器で部屋をきれいな空気に維持

熱交換器で部屋をきれいな空気に維持

熱交換器にはいろいろなメリットがあり、換気を第一種換気として使用した場合において、外気を部屋に入れるのではなく排気する空気熱を利用しながら暖めることが可能です。

それから室内に入れることができ、全熱交換機の場合熱と一緒に湿度も交換できます。すると外気が室温に近いような温度で入ってくるので、快適な環境で過ごすことが可能です。特に冬になると部屋を20度ぐらいに温めたとしても、給気口からは0度の空気が入るとかなり寒いでしょう。この不快感から開放されるようになり、一定した温かい空気を体験することが可能です。熱交換器を利用すると、部屋に二酸化炭素や臭いがこもらないことがあげられます。寒い空気が部屋に入ってくるとなると、ついつい給気口を閉めたくなるものです。しかしこれを閉めてしまうと換気量が減ってしまうので、空気が汚れてくることになります。

寝室などは数人の家族が一緒に寝ることになるので、部屋の二酸化炭素濃度が基準値を超えてしまうケースはよくあるでしょう。例えば6畳の寝室において換気を止めてから家族4人ぐらいで寝ると、かなり空気が汚れたような感じがしてきます。機械換気をきちんと行うことによってストレスを感じることがなくなるので、熱交換器を利用すると大きなメリットを得ることが可能です。夏場はもちろん冬場も快適に過ごすことができ、省エネタイプなどがリリースされているのでランニングコストもお得になります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *