熱交換器を解説
2020年8月15日 個人住宅向け熱交換器に備わっている機能

個人住宅向け熱交換器に備わっている機能

2000年以降、日本では企業だけでなく一般家庭にも再生可能エネルギー装置の導入を積極的に推奨されるようになりました。

これは1999年に京都で開催されたG7サミット内で、2025年までに先進7か国は温室効果ガスを最大で15%までに抑えることを議決されたことに由来します。温室効果ガスの発生要因である石炭火力発電所の使用も大幅に制限されたることになり、新たな電力供給設備として熱交換器が登場しました。熱交換器とは地熱と排熱の力を使って、交換器内に備わっているタービンを駆動させるものです。このタービンが回転することで電気を発電することができ、備え付けられているブースターを介して家屋や施設内で使用する家電等を動かすことが可能です。省エネ活動が盛んとなった現在では非常に注目される機器となった熱交換器は、一般家電量販店でも販売されています。

個人住宅向けに製造販売されている熱交換器に備わっている機能は、発電・蓄電のほかに循環機能を有しているのが特徴です。循環機能とは交換器で生成して使用した電力の一部をブースター内に留めておき、その力で浴槽の水を沸かしたり照明機器といった比較的電力を消費しないものに電力を振り分けて循環させられる能力のことを指します。業務用の熱交換器の場合は、約2、000kw以上もの電力を生み出すことに主軸を置かれているので付加機能は省かれていますが、個人住宅向け機器の場合はより導入しやすい付加価値を設け魅力を高めているのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *